あなたはなぜ感情のコントロールができないのか? 本物の感情はなくなる

怒りがたまって、すぐに爆発してしまう。
いつもイライラする。

感情 爆発

爆発するたびに自己嫌悪におちいったり、
人間関係もギクシャクしたり、、、

「感情的になる」ということは「悪いこと」だと認識されることが多いと思います。

ここで、感情に対する認識として大切なことが3つあります。

➀感情は人間が生き延びるために必要なものだということ

これは、感情は、人類の進化の過程で残ったものだからです。⓶心理セラピーで扱う感情は「嬉しい」「悲しい」「怒り」「怖い」の4つです。
特に抑圧しやすい「悲しい」「怒り」「怖い」に関して扱います。

③本物の感情は感じたら消化してなくなります。

今回は③本物の感情は感じたら消化してなくなります。
について詳しく説明していきます。

感情にはほんものの感情にせものの感情があります。

ほんものの感情は感じたら消化され、なくなるのですが、
にせものの感情は消化されないのでなくなりません。
このにせものの感情を「代理感情」「ラケット感情」といいます。

ほんものの感情を感じると都合が悪いので、
にせものの感情でごまかしているのです。

ここで、「腹が立って眠れない」という場合
「腹が立つ」「怒り」はにせものの感情、代理感情です。
代理感情を使って本当は悲しかったり、怖かったりするのに「腹が立つ」と怒っていたら、
その感情は全くおさまりません。
むしろ燃え上がってもっと大きくなるでしょう。

ほのお

なぜ、人はにせものの感情を感じてしまうのでしょうか?

子どもの頃
「男の子だから泣いちゃダメ!」
と言われたら、悲しくても悲しめなくなります。

「女の子は怒ったらはしたない!」
と言われたら、怒りたくても怒れなくなってしまいます。

「強くないとお母さんを困らせる!」
と思っていたら怖くても怖がることができなくなってしまいます。

このようなことが続くと ほんものの感情を感じられなくなってしまうのです。

泣きたい時に怒ってみたり、
怒りたいときに泣いてみたり、
怖い時に怒ってみたりしてしまうのです。

ここで、そもそも、

ほんものの感情ってなんなのでしょうか?

そもそも
人はどんな時に悲しんで、怒って、怖がるのでしょうか?
という説明をしようと思います。

まず、悲しみです。
悲しみは「喪失」を受け入れるために必要な感情です。

大切な人が死んだ時 悲しいですよね。
この時悲しみを我慢していたら「喪失」を受け入れることができず、
その喪失感を乗り越えることができません。
悲しみは喪失を乗り越えて、次に一歩踏み出す勇気に変わるために必要な感情です。

ここで、
「わかってもらえない悲しみ」という感情があると思います。
これは、
まず、「わかってほしい」という期待があって、それがもらえなかった時の感情です。

次は「怒り」です。
「怒り」は自分が困難なことに遭遇した時や「危険」な状態に遭遇した時におこる感情です。
本来「怒り」は「やめてください」「イヤ」と言って、
自分や自分の大切なものを守るために使う感情です。

ここにも「怒り」の大切さを書いています。
ハラスメントにあいやすい人は怒りが使えない

「わかってもらえなくて腹が立つ」というのは、本当は悲しみで怒りではありません。

最後は「怖い」です。
「怖い」は今や未来の危険から身を守るために必要な感情です。

「怖い」に関しては少しほかの感情と異なるので、別のブログで書いております。
怖いは怖すぎて一人では感じられない

ほんものの感情かどうかの目安は、感じた後「すっきりしたかどうか?」です。

きらきら 恋

「怒りが収まらない」という場合は、
「悲しみ」や「怖さ」を「怒り」で表現しているからです。

ほんものの感情でなくにせものの感情ばかりを使っていると
感情のコップから水があふれてしまいます。

感情の水
この状態がいわゆる「キレる」状態です。
こうなると感情がわっとあふれて、コントロールできません。

ほんものの感情を感じると、コップの水が減ります。

半分の水
この状態だと心は落ち着いて、
イライラしません。

ほんものの感情を感じることができることでイライラが減ったクライアントさんの件です。
➡イライラが減ったクライアントさんの件
感情は抑えるのではなく、
ほんものの感情を感じることが大切です。

ほんものの感情ではなく、にせものの感情ばかりを感じるから、
コップから水があふれてコントロールできなくなってしまうのです。

コップの水がなくなって、
心が落ち着いた状態であれば、あなたは冷静に判断できるようになります。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です