なぜ「怖い」は怖いから一人で感じるのが難しいのか?

ほんものの感情は、
感じるとすぐなくなるということを以前に書きました。
ほんものの感情は感じるとなくなるということ

「悲しい」「怒り」「怖い」の中で一つだけ異質な感情があります。

それは「怖い」という感情です。

「怖い」という感情は「安心感」がないと感じることができません。

例えば、
人間であれは誰でも怖いであろう状況

ライオンの群れに囲まれている状況を想像してみましょう。

ライオン⓶
この状態であなたはなにを感じていますか?
「怖い」と感じることができるんでしょうか?

おおかたの人は恐怖でフリーズしてしまいます。

フリーズ
「怖い」という感情は、その瞬間は危険すぎて、感じて消化できません。

どうなれば、人は「怖い」という感情を感じて消化できるのでしょうか?

それは、
ライオンがいなくなって

ライオン⑤
保護された時です。

安心感
ライオンに襲われる危険性がなくなってはじめて
人は「怖い」という恐怖を消化することができます。

怖がる赤子

つまり、安心できる状況になってはじめて、
人は「あ~!怖かった!」と
「怖い」という感情を感じて消化することができるのです。

泣きながら眠る子ども

子どもの時に不安定な環境でフリーズしてしまった
あなたの中の「怖い」という感情は、
大人になってもまだ心の奥底、潜在意識の中に残っているのです。

でも、
大人になってから、安心、安全な環境で
子どもの頃に凍り付かせた「怖い」という感情を感じて、消化することは可能です。

子どもの頃の「怖い」が残った状態というのは、
一種の「トラウマが残っている状態」です。

その「トラウマ」が残ったままだと
信頼できる人なのに「怖い」と感じて近づけなくなったり、
好きになればなるほどその人に見捨てられる不安が高まって逃げたくなったり、
逆に、
わざわざ危ない状況に近づいてしまいます。

このような、
あなたを幸せにしない間違った行動は
「凍ったままの怖い」が発動しているからなのです。

対人恐怖症や、男性恐怖症、先端恐怖症、高所恐怖症などの各種恐怖症は、
なにかのきっかけでトラウマが活性化してしまい、
フリーズ状態になっているのです。

安心感をいれながら、ゆっくりとあなたの中の「怖さ」を消化していくと、
そのフリーズしていた「怖さ」が消化され、フリーズすることはなくなります。

きらきら 恋

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です