あなたが感情をコントロールできない本当の理由

「自分の感情をコントロールできない」
「なにかが、ぶちってきれて、うわ~ってなってしまう。」
「怒らないようになりたい!」

噴火

自分の感情をコントロールできないことがお悩みの方っていらっしゃると思います。

ここで大切なのが
「怒る」と「キレる」って違うということ。

「自分の感情をコントロールできない」
「なにかが、ぶちってきれて、うわ~ってなってしまう。」
というお悩みを抱えていらっしゃる方は、

嫌なことを嫌と言えないことで、
怒る時に怒れないことで、
どんどん相手に嫌なことをされてしまい、
その結果「ば~ん!」となにかが噴火して「キレる」んです。
なので、解決策としては「怒らないようになる」のではなく、
「嫌な時に嫌」と感じる+それを上手に表現できるようになる。なのです。

「嫌だ」と気づくのはとっても怖くて、勇気が必要です。

わたしの場合、ものごころがついた時に母が死にかけていたので、
母を刺激しないように自分の感情を殺していました。
生き残るために自分の感情よりも母の体調を大切にしていたんですね。

なので、自分の感情を大切にする、「嫌だ」ということを認識するのって、
「死ぬかもしれない」という恐怖とセットなんです。

でもね、子どもの頃は「嫌だ」と認識することはとても危険なことだったのですが、
今、安全な場所で「嫌だ」と認識することは可能なことです。

「嫌だ」が上手に認識できて、それを相手に伝えることができることが
「自分の感情をコントロールできない」
「なにかが、ぶちってきれて、うわ~ってなってしまう。」
「怒らないようになりたい!」という悩みが解決した状態です。

クライアントさんから、「イライラすることが減りました」という感想をいただきました。

【イライラが減ったクライアントさんからの声】

一人で運転している時に、舌打ちすることがなくなりました。

運転していてイライラした時に、
「今、ワタシは悲しいのかな?腹が立ってるのかな?」何かが怖いのかな?」
って自分のこころに聞いてみました。
するとじわっと自分の感情がわかるようになって、気がついたら「ちっ」という舌打ちをしなくなっていました。
感情を味わうことによって感情をコントロールできるようになるとは思いませんでした。

Tさんは、
ビリーフチェンジセラピーのセッションを受けて、
自分の感情を感じることを日常でも実践されました。

ここで大事なことは、
「イライラを止めよう!」とはしなかったこと。
まず、「イライラした自分を受け入れて」「自分の感情を感じた」のです。
その結果感情を爆発させず、穏やかになったのです。

本物の感情を感じないことが、
感情をコントロールできない本当の理由です。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です