アダルトチルドレン ケアテイカーが甘え上手になる方法

本当に助けてほしいのに「助けて」って言えない彼女の場合

「ほっとけばいいのだ」
頭ではわかっている。

彼女の失敗をなぜわたしが尻拭いしているのか?
なぜわたしが彼女のお世話をしないといけないのか?

彼女から直接頼まれたわけじゃないのに、、、

でもほっとけないのだ。
わたしはついつい職場でもケアテイカーをしてしまうのだ。

彼には、「急な残業で」とラインしたが返信はこない。
怒りをとおりこしてあきれているに違いない。

今夜は2週間ぶりのデートだったのだ。
忙しい二人のスケジュールをなんとか調整して作った時間だった。

 

母はいつも暗い顔をしていた。祖母の顔色をうかがってびくびくしていた。
わたしはそんな母をいつも心配していた。

「わたしがお母さんを守らなくちゃ!」

それが当たり前だと思っていた。
わたしは母のケアテイカーをしていた。

祖母はわたしには甘かった。わたしは血がつながっているから。
母とは血がつながっていないから。
この家の中で祖母と血がつながっていないのは母だけだ。

だから、わたしがお母さんを守るんだ。

アダルトチルドレンには、
スーパーチャイルド(優等生)、ロストチャイルド(関心を向けられない子ども)、
ケアテイカー(親の世話をする子ども)、ピエロ(道化師の役割をする子ども)、
スケープゴート(犠牲になる子ども)
という種類があります。この場合は「ケアテイカー」のケースにあたります。本来子どもをお世話するのは親の役目です。
でも、その親が精神的、身体的に「しんどい」状態だと、
子どもは自分の身を守るために親のお世話をしてしまいます。
一種の「親子逆転」がおこるのです。親のお世話をしていた子どもは、
大人になっても「しんどそうな人」が気になってしかたがありません。

無意識にお世話をしてしまい、自分がしんどくなったり、
そのお世話が過剰になり、周りから疎まれることもあります。
それを避けようと なにもしなかったら「なにか悪いことをしている感じ」で自分が苦しくなります。

 

彼女が人をお世話する理由は「怖い」からです。
お世話をしないと自分の大事なものが壊れてしまう。

そんな子どもの頃の恐怖から駆り立てられるように行動するので、
「お世話」が空回りすることも多いでしょう。

あなたが、自分のことを後回しにして他人のお世話をすることをやめるには、
子どもの頃に我慢した「お世話をしないと自分の大事なものが壊れてしまいそうな怖さ」
を解消する必要があります。

その怖さがなくなるとあなたは、不要なお世話を焼かなくなります。
さらに、お世話をしなくても「なにか悪いことをしている感覚」に襲われなくなります。
大変そうな人を見ても気にならなくなります。

その時、あなたはケアテイカーから卒業できるのです。

 

ケアテイカーから卒業できることで、
しんどそうな人のことが過度に気にならなくなります。

周りの人よりも自分の幸せを最優先できます。

自分が幸せな状態で他人に接することができるので、
以前のように他人のお世話をしたとしても、
「おせっかい」や「重い」などと思われず、適切なサポートができて、
いい距離感を持つことができます。

子どもの時に我慢した「お世話をしないと自分の大事なものが壊れてしまいそうな怖さ」
心理セラピーで解消することができます。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です