なにかに依存するのを辞めたくなったら読むクスリ

人に嫌われるのが怖いので人の顔色ばかりうかがってしまう。
好きな人についつい依存してしまう。彼からのメールの返事が遅いと気になって何も手につかない。
人が去っていくのがとにかく怖い。

このような症状は「見捨てられ不安」が原因です。見捨てられ不安

「見捨てられ不安」とは、相手に見捨てられることに対して強い不安を感じることです。
不安を紛らすために、アルコール、ギャンブル、仕事、SNS、恋人などに依存してしまいます。
それは、心の深い部分に「見捨てられ不安」があるからです。

依存がおこる時に何が起きているのでしょうか?

自分の中の安心感が不足しているから、
自分の外の何かとつながることで安心感を充電しているのです。
携帯充電中

では、人間の充電が足りないってどういうことでしょうか???

人間のバッテリーとなる「安心感」とは、どのようにすれば充電できるのでしょうか?

お母さんの胎内は「完全な状態」です。

胎内赤ちゃんは、その完全な胎内からでて不完全な世界にやってきます。

この危険な状態でどうやって「安心感」認識するのでしょうか?
目も見ません、耳も聞こえません。
視覚でも、聴覚でもなく、
触覚を使って「安心感」を体にため込んでいくのです。

具体的に言うと、
お母さんにくるまれることで
肌の触覚から安心感を体内に充電します。

だっこ

これが、不足していると、
足りない部分を外の何かで補給しようとする。

足りない部分を他人から補給しようとすると、
他人との人間関係が適切な距離をとれなくなってしまうんですね。

この時に、いわゆる「依存」という関係性ができます。

「この人しかわたしをわかってくれる人はいない」
「この人がいなくなったらわたしは生きることなんてできない」

人との距離の取り方がコントロールきかなくなってしまいます。

それが怖くって、人に近づけなくなったり、
近づくと本当のわたしを知られると怖くなって関係を切ろうとしてしまう方もいらっしゃいます。

関係を切るまではいかなくても、
「この人で大丈夫か?」と「これでもわたしを受け入れてくれる?」
と「お試し行動」を繰り返してしまうこともあります。

すべて「見捨てられる不安」からしている行動なので、
その行動をとる時、冷静な判断は全くできません。

こうなると、人とつながることは難しくなります。

依存を克服するためにはどうすればいいのでしょうか?

自分の中に安心感をためていくことで依存は克服できます。

では、自分でできる簡単なワークをご紹介します。
目の前の椅子に
子どもの時の小さい自分が座っているのを想像してください。

椅子に座る娘

①その子はどんな風に座ってますか?

⓶寂しそうに座ってますか?そっぽを向いて座ってますか?
おどおどして座ってますか?
いっけん、平気そうに座っているとしても、その子の胸の内はあなたが一番わかってあげられると思います。

③その子にこんな風に話しかけてみましょう。
「さみしいよねぇ~」「〇〇ちゃんもかまってほしいよねぇ~」
「でも、お母さんに嫌われそうで怖くて言えないよねぇ~」

➃その子はどんなふうになりましたか?

⑤〇〇ちゃんの理想のお母さんになったつもりで
さらに、「さみしいよねぇ~」「〇〇ちゃんもかまってほしいよねぇ~」
「でも、お母さんに嫌われそうで怖くて言えないよねぇ~」
と話しかけてあげてください。

⑥〇〇ちゃんが、「わかってもらえたな~」と気が付くまでこれを続けます。
〇〇ちゃんが「わかってもらえたな~」と気が付いたら、
○○ちゃんを膝にのせて、ハグをします。

⑦「いいこねぇ~、わたしは〇〇ちゃんのこと大好きよ^^。生まれてきてくれてありがとう」
と声をかけてあげてください。

⑧あなたの心に少し隙間を開けて〇〇ちゃんを あなたの胸の中に入れていきます。

⑨はいったら、さらに〇〇ちゃんのエネルギーが体の隅々までいきわたるように、
ゆっくり呼吸を繰り返します。

⑩呼吸を普段の呼吸に戻して、意識を部屋に戻しましょう。

これは、インナーチャイルドワークというワークです。

少しづつですが、自分で自分の中に安心感をためることのできる素晴らしいワークですので、
ぜひ試して下さい。

あなたの中に安心感がたまっていくと、
人と関わるのがもっと楽になります。
あなたの中に安心感がたまることによって、
外から安心感をえる必要がなくなるのです。
自分の中に十分な安心感がたまることで、あなたはなにかに依存する必要がなくなるのです。

もっと早く安心感をいれる方法ってないの?

心理セラピーに安心感をいれる手法があります。
その方法を使えば、あなたの中の安心感は劇的に補充されます。

そうすれば、
あなたはなにかに依存することなく、
適切な距離感をもって他人に関わることができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です