アダルトチルドレンが幸せになるための感情のレッスン

アダルトチルドレンが幸せになるための感情のレッスン

「感情」という言葉にどんなイメージがありますか?
「感情的」という言葉であればどうでしょうか?

いいイメージがある人は
少ないのではないでしょうか?
感情的と言われると
感情的な人
ヒステリーな人が思い出され
その人に攻撃された記憶が

蘇りませんか?

本来、感情をそのように表現するのは
間違っています。

理性的であることが美徳であると
評価されやすく
「感情はコントロールするもの」
だと信じている人も

多いかもしれませんが、、、
感情はよく切れるナイフのようなもので
間違った使い方をすれば人を傷つけますが

正しく使うと自分を守ることができます。

我慢をしたとしてもその我慢した感情は

身体に溜まっていて、
よく似た状況が起きた時に
誤作動を起こし
今の人間関係を壊してしまうこともあります。
そんな幸せに生きるためにはとても大切だけど
今までちゃんと学んだことがない感情について
まとめてみようと思います。
大切な記事なので
何度も何度も読み直してください。

まず大切なポイントをあげておきます。

①感情は、喜び、悲しみ、怒り、恐怖に分類される。
②ネガティブな本物の感情は感じたらなくなる。
感情にはホンモノの感情とニセモノの感情がある。
③ポジティブな感情は感じてもなくならない。
④感情の90%は過去に繋がっている。
⑤感情は感じるとポジティブなエネルギーに変わる。
この5つです。
めちゃくちゃ大切なので

スクショしといてください!

それぞれ説明していきます。

①感情は、喜び、悲しみ、怒り、恐怖に分類される。

「感情」というと、ねたみ、憎しみ、劣等感、恥ずかしさ、
罪悪感などなどいろいろなものがありますが、
ネガティブな感情は
「悲しみ」「怒り」「恐怖」の3つに分類されます。
・悲しみ=喪失を感じた時に出てくる感情
人が死ぬ、失恋など、、、
喪失の中にはとは「期待したことが返ってこない」
というものもあります。
「わかってくれない辛さ」は「わかって欲しい」
という期待が返ってこない「悲しみ」です。悲しみは過去のつらい出来事と決別し、
乗り越えるために必要な感情です。
・怒り=自分の大切なものが脅かされている時に
湧いてくる感情
怒りが湧いてきている時は
自我が芽生えている証拠で
「自分はこうしたい」
意欲が湧いてきた時にでてくる感情です。
本物の怒りとつながると
「NO」とやりたくないことを
断ることができて
自分のやりたいことを行動にうつすことが
できるようになります。
怒りを抑圧しすぎると
鬱っぽくなったり
やりたいことがわからなくなったり

します。

現在の問題を解決するとき、
自分にとって大切な人や物を守るために必要。

・恐怖=命の危険を感じた時湧いてくる感情
恐怖は安心感がないと消化できないので
恐怖を抑圧している人や強い恐怖を消化するには
サポートが必要です。
恐怖が消化されると、
自分が恐れているものが何だったか?

がわかり、それを避けることができます。

「今、ここ」や未来の危険から身を守るために必要な感情です。

②本物の感情は感じたらなくなります。消化されます。

例えば、彼氏からのラインの返信が遅くて
イライラしている女性がいるとします。
その時の彼女は「わたしは怒っている」
と感じていると思われます。
でも、どうですか?
「怒り」は自分の大切なものが脅かされている時に
沸いてくる感情です。ラインの返信が遅い時、
彼女の大切なものは脅かされているでしょうか?
違いますよね?
ほんとうは、
すぐに返信が欲しいのに返ってこない
「悲しみ」や
返信がないことで
「もしかして、ほかにいい人ができちゃった?」
という「恐怖」
が湧いているはずです。
でも、本人はそのイライラを
「なんですぐに返信しないの💢」

と「怒り」だと感じている可能性が高いです。

ニセモノの感情はいくら感じてもなくなりません。

この「怒り」はニセモノの感情です。
ニセモノの感情は感じれば感じるほど
燃え上がり、消えることは
ありません。

この時、感情は
「すぐに返信してくれなくて悲しい。
彼に捨てられそうで、怖い。。。」
と「悲しみ」と「恐怖」を
感じることができれば彼女の感情は
じきに収まります。

感情にはホンモノの感情とニセモノの感情があります。

ニセモノの感情は「代理感情」「ラチェット感情」と言われます。これは、
・親が思い通りにならないとヒステリーをおこしたりして
間違った感情をモデリングしたり
・男の子が泣くと「男のくせに泣くな!」我慢できると「えらい!」
とほめられることで学習したり
・子どもの頃、泣いている時にお菓子を与えられてごまかされたり
・親から他人と比較されて、不安な時にライバル心うえつけさせられたり
することで身についてしまいます。

「感情は感じたらなくなる」というと
ほとんどの人から「え???」
という反応がかえってきます。大抵の人がこの「間違った感情」を
「本物の感情」だと信じ込んでいるせいだと
思われます。
ぶっちゃけ、セラピーで一番のヤマは
「間違った感情」から「ホンモノの感情」
に導くことで、
これさえうまくいけば
みなさん、変わってしまいます。それくらい「正しく感情を扱う」ということは
「できていないこと」で「できるようになることで
パワフルに人生を変えることができること」
なんです。

③ポジティブな感情は感じてもなくなりませんから

ご安心ください。
これは特に問題がないので説明は省略します。

④感情の90%は過去と繋がっている。

感情が湧いている時、

今目の前で起きていることに反応はしているのですが、
湧いてくる感情は90%過去のものです。例えば,過去に男性から性的な嫌がらせを
うけた女性がいるとします。その女性は安全だとわかっている男性が
近づいてきたとしても「怖い」と
恐怖を感じてしまうでしょう。
この時の「怖い」という感情は今近づいてきた
安全な男性が引き金にはなっていますが,
湧いてくる「怖さ」は過去の嫌がらせをされた時の
未消化の感情が湧いてきたものです。
この時この女性は
「目の前の男性が怖い」と感じるでしょう。
本当はその「怖さ」のうち90%は過去の感情なのです。アダルトチルドレンは子どもの頃から感情を我慢しがちなので、
未消化の感情がたくさん残っており、
ささいなことでも過去の感情が湧き上がりにくく
すぐに感情的になってしまいます。

⑤感情は感じるとポジティブなエネルギーに変わります。

・悲しみを感じるということは
「喪失を受け入れる」ということです。

喪失を受け入れると
人は「本当は〇〇が欲しかったんだ」と
ほんとうに欲しかったものに気が付き
失たものの代わりを探しにいく勇気が湧いてきます。

・怒りを感じることは
「自分が大切なものを守りたい」
という意欲が芽生えたことです。

そのエネルギーとつながることで
自分の意欲を叶えよう!と

行動する力が湧いてきます。

・「怖さ」はそれがたまっている状態では
脳はフリーズしてしまいます。

なので、何も考えることができず
思考停止状態になります。

それを消化することで
「自分が何を恐れているか?」
が明確になり、自分の恐れていることを
避けることができるのです。

アダルトチルドレンは感情を抑えがちなので
マイナスの感情をポジティブなエネルギーに
変換することができません。

なので、自分を幸せにする行動ができなくなります。

セラピーでホンモノの感情につながることで
あなたはどんどん幸せになるための行動ができます。
アダルトチルドレンとは、
正式には「Adult Children of Disfunctional Family」
(アダルトチルドレン ディスファンクショナル ファミリー)で略してACと言います。「子供の頃家庭内のトラウマによって傷ついて大人になった人」や
「家庭の誰かに過剰な抑圧を受ける家庭の中で育った大人」という意味になります。
また、家庭に限らず、
その人のパーソナリティ形成に大きな影響を与える役割にあった家庭や習い事、
何らかの施設などの「集団組織」に関わるトラウマも類似の心理状態がみられることがあります。
ACは、パーソナリティの基礎となる部分を形成するにあたり重要な段階で、
常に「がんばって」時を過ごしたため、大人になっても周囲に気を遣い、
自分の感情を抑えたり、素直に表現できなかったり、
家庭や対人関係に問題が起きやすかったり、
漠然と生きづらさを感じている人が多いです。
また、
根拠なく「自分は他の人とは違うんだ」という思いを過剰に抱えている人も多くいます。
アダルトチルドレンは病気ではないので、
適切なセラピーで改善することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。