【彼氏ができまして、 両親に挨拶に来てくれることになりました。】

【彼氏ができまして、
両親に挨拶に来てくれることになりました。】

セッションに行こうとしたきっかけは、
妹の結婚が先にきまった時です。
結婚に対する焦りが高まり、
わたしなんて結婚できないんじゃあないかな?
という絶望でとても辛かったです。結婚できていない自分が家族に受け入れてもらえないと思っていました。
結婚したら家族に認められると思っていたのです。ビリーフチェンジのセッションを受けていくことで、
家族との関係がよくなりました。家族に対して大切にしてもらえていない感覚が強かったのですが、
それは自分の受け取り方なのだとわかりました。
前は「攻められている」という感覚が強かったのだと思います。

セッションをうけるに従い
名前を聞くのも嫌だった妹とも昔の様に話せるようになって、
妹の赤ちゃんがかわいく思えるようになりました。

こんな風に思えるなんて、本当に幸せです^^

他の家族に対しても「許せない!」という感覚が薄くなったのか
父に対して「お小遣いちょうだい!」と気軽に言えてお小遣いももらえるようになりました。
前はこんなこと絶対に言えませんでした。

家族以外の人との関係でも、
以前はなにかあるとすぐに「わたしが悪いのかな?」と攻めてしんどくなっていましたが、
今では自分を攻めることはなくなりました。

婚活の方は、
一度お別れをした彼とよりを戻して、
なんと結婚することになりました。

こんな風になるなんて、夢のようです。

・わたし、結婚なんてできないかな?
・この人を逃すともう誰とも結婚できないんじゃあないかな?
・友達の結婚の報告を聞くとイライラしてしまう。
・結婚している友達と会いたくない
などなど

結婚に対して焦るのは、とてもしんどいですよね。

上記のクライアントさんもそんなどん底の時に
セラピーに来てくださいました。

その結婚に対する焦りの下には、
「お姉ちゃんだから我慢しなくてはいけない。」
「いい子でいないとお母さんに見捨てられそう。」
「自分の欲しいものを欲しがったらお母さんに嫌われそう。」

という気持ちがたまっていました。

そのような気持ちを開放していくと、、、

自分の気持ちがわかるようになって、
人と一緒にいることが楽しくなって、
結婚につながる彼氏ができたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です