アダルトチルドレンを克服できないのは「〇〇の〇〇」を待っているせい!

たくさん本を読んで勉強をして、
いろんなセミナーに行ったり、
いろんなカウンセリングをうけてもしても
なかなかかわらない、、、

アダルトチルドレンがアダルトチルドレンを克服できない理由ってなんでしょうか???

ずばり!

親が変わるのを待っているからです。

 

アダルトチルドレンは、
親があまり幸せそうにみえない環境で育ちました。

「お母さんに迷惑かけないように!」とか
「お父さんに認めてもらえるように」
って自分を殺して頑張っていました。

まるで、それをしないと自分の幸せになれないかのように、、、、

でもね、
ケンカばかりしているお父さんとお母さんも、
それは本人にとっては「しあわせ」なのかもしれません。
ケンカという形でしか愛情表現ができない人も存在するのです。

ここで大切なのは、
ケンカばかりしているのは、
お父さんとお母さんの選択だということです。

アダルトチルドレンは機能不全家族において、
子どもでありながら親の機能を担おうとしています。

ケンカされるのが「嫌だ!」と思うことと
ケンカをやめさせるのは全然意味が違います。。

「ケンカが嫌だ!」というのはあなた自身におこる感情
「ケンカをやめて!」というの
は他人の行動をコントロールすることです。

あなたが
「ケンカをされるのは嫌だ!」
「仲良くされなくて悲しい」と感じるのはあなたの自由

でも、ケンカをするのは両親の自由

とても残念ですが、
「ケンカをする」のは
お父さんとお母さんの選択したことなのです。

その二人の選択を尊重することが、
二人がケンカをしていることは二人が選択したことである
と認めることが
アダルトチルドレンを卒業できるきっかけになるのです。

親は圧倒的にあなたよりも大きな存在です。
あなたには、親の荷物をもつことはできません。

あなたが子どもでありながら
親の機能を担うことをあきらめて、
子どもでいることが、
あなたがアダルトチルドレンから卒業するためにできる第1歩です。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です