どんなおまじないよりもきくあなたの願いをかなえる方法

「願ったことはかなっている」

夢がかなう

いろんな媒体で言われています。
わたしは、中学生の頃「好きな舞台を好きなだけ観たい!」と強く願っていました。

それに関して、かなっています。
お腹がいっぱいになるくらいタカラヅカを観ています。

ある程度傷が癒えたクライアントさんに「どうなりたいですか?」と願いを聞きます。

その際「結婚したい」とか「恋人がほしい」とおっしゃる方がいらっしゃるのですが、
どうも、表情が暗いといいますか
「ほんとうに結婚したいと思ってますか?」というお顔なんです。
疑う 顔

お話をうかがうと、「なぜ結婚したいのか?」の答えが
「いい年だし、結婚していないと変なひとだと思われるから」
とか、「このまま一人だと老後さみしいから」
なんておっしゃっいます。

そんな罰ゲームみたいな結婚ならしたくないですよね???

なぜ、あなたが自分の「願い」をわくわくと想像できないのか?

小さい時、
「あれが欲しい」「あれがやりたい」という願いを言っただけで否定されませんでしたか?

もちろん、金銭的な理由で子どもの欲求をすべて答えることなんてできないでしょう。
でも、「あれが欲しい」「あれがやりたい」という気持ちはとっても大切なもの。

その、自分の欲求を受け止めてもらえなかった悲しみや、
欲求を持つことも許されなかったことに対する怒りが、残っていると思うのです。

その怒りや悲しみが解け去った頃に、
ワクワクと自分の未来を想像して創造できるのです。
ワクワクと自分の未来が想像できた頃、あなたの願いは叶っているのです。

 

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です