育児に疲れたあなたに必要なたった一つのこと

もう、育児が疲れた。

泣く子ども

 

息子の泣き声でやっとわれにかえる。

あんなに望んだ子どもだったのに、かわいいと思えない。
そもそも育児ってこんなに疲れるものなんだろうか?

わたしになにか欠陥があるんじゃあないだろうか?
わたしには母性というものが欠如しているんじゃないだろうか?

わたしは親に反抗したことなんてなかったのに、
なぜこの子はわたしを困らせてばかりいるんだろう???
わたしの育て方が悪かったんだろうか?
このままでは、この子はまともな大人になれるんだろうか?

 

アダルトチルドレンには、
スーパーチャイルド(優等生)、ロストチャイルド(関心を向けられない子ども)、
ケアテイカー(親の世話をする子ども)、ピエロ(道化師の役割をする子ども)、
スケープゴート(犠牲になる子ども)
という種類があります。

この女性の場合は「スーパーチャイルド(優等生)」にあたります。

あなたの育児疲れは「いいお母さんであろうとする疲れ」なのかもしれません。
あなたはまだ、「いいこちゃん」でいようとしているのかもしれません。

家族の期待を一身に背負ったいわゆる優等生タイプに多いタイプです。
人の期待に応えようとがむしゃらに頑張ります。

もしかして、あなたは子どものすべての欲求にこたえようとしていませんか?
子どもも欲求は変わりやすく、無責任なものです。
その果てしない欲求にこたえようとして
過度にがんばって、育児に疲れているんではありませんか?

アダルトチルドレン優等生は、
うつ病になりやすい性格である生真面目、正義感が強い、白黒主義などの傾向があります 。

「ほんとうは、いい子でなんかいたくなかった」という悲しみと
「いい子にしていないと愛されない」という怖さ

が抜けてくるころに、
こころからお子さんを愛しいと思えるようになります。
こころから、お子さんと遊ぶのが楽しくなります。

育児で疲れやすいのはあなたのお子さんのせいではありません。
もちろん、あなたのせいでもありません。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です