■ビリーフはどうやってできるのか?■

未消化の感情にふたをした かさぶたがビリーフだった!

子どもの頃、「かまってもらえない悲しさ」「かまってもらえないさみしさ」を感じていたとします。
その悲しさ、さみしさはとっても痛い傷のようなものです。
かさぶた
いくら泣いてうったえてもかまってもらえなかったら、
あまりにも辛いので、その悲しみやさみしさを感じたくないですよね?
だから、蓋をします。
傷をまもるようにかさぶたを作るのです。

かさぶた

「私は、一人でいいもん!」こう信じていたら、
「かまってもらえない悲しみ」や「かまってもらえないさみしさ」は感じなくていいのです。

このかさぶたがないと、子どもの頃のあなたは辛くて生きていけなかったのです。
このかさぶたは子どもの頃のあなたを守ってくれていたのです。

でも、大人になって「一人でいいもん!」という思い込みがあることで不具合がでてきます。
仕事を一人で抱え込んで孤立したり、なかなか恋愛や結婚ができません。

 

これが、あなたが周りの人といい人間関係を築けない根本原因なのです。

■どうやってビリーフを変えていくのか?■

傷をいやしていくのです。
感じないようにしていた「かまってもらえない悲しみ」や「かまってもらえないさみしさ」という未消化の感情を薄めていくのです。ここで、「私は一人でいい!」という考え方は、間違っているから、そう考えることはやめなさい!
というアドバイスを実行しようとしたとします。これは、傷はあるのにかさぶたを薄くするという行為です。
ということを想像してみて下さい。とっても痛いですよね。
だから、「私は一人でいい!」という考え方を変えようとすることはうまくいかないのです。

かさぶたではなく傷を薄めていく必要があります。傷を薄めていくということは、未消化の感情を感じていくということです。
つまり「かまってくれない悲しみ」「かまってもらえないさみしさ」を感じていくことです。感情について、、、
➡ 感情のこと
特に「怖い」という感情について

傷がなくなれば、かさぶたがなくても困りません。
だからスムーズに「一人でいいもん!」から、
「一人でも、みんなといてもいいもん!」とビリーフをチェンジできるのです。