アダルトチルドレンが自分攻めが辞められない理由

アダルトチルドレンが自分攻めが辞められない理由

アダルトチルドレンはなにか問題が起きた時に
「わたしが悪いんだ↓↓↓」
と過度に自分を攻めてしまう傾向にあります。
アダルトチルドレンは子どもの頃
お母さんのやつあたりの標的になっていたことが多く
自分攻めが辞めれなくなっている方が多いです。

 

ただ、ご本人が気づいている場合は少ないのが問題ですが。。。

ご本人が本気で「自分が悪い」って思いこんでいるのが
とても辛いところです。

これをやりすぎている人を
「自己肯定感が低い」といわれたり

これをしている状態を
「セルフジャッジをしている」といったり

「自分が悪いのかな?」という不安を他人に否定してほしくて
自分を肯定してほしくて誰かにすがりついている状態を
「承認欲求が強い」といれているのです。

いずれにせよ、
この穴にハマると自分一人では抜け出せません。

さらにほおっておくと周りの人を巻き込んで
人間関係に問題が起きる可能性も考えられます。

先日、「わたし、子どもを産まないままでいいのかな?」
という気持ちでお悩みの既婚の40代女性がクライアントさんが
セラピーをお受けになった後に

「その気持ちが消えました」

との報告をくださいました。

その方は無意識に子どもを産んでいない自分のことを
攻めていたのです。

セラピーを受けただけでその気持ちが消えたのですね。

よかった~
(*’ω’*)(*’ω’*)(*’ω’*)

自分では辞められない自分攻めを
辞めたくなたらぜひセラピーにいらしてくださいませ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です