楽しいことがわからない

楽しいことがわからない
やりたいことがない

「悩み」というには心もとないけれど

「楽しい」という気持ちがおきないまま
毎日を過ごすことは
なかなか味気ないものですよね。。。

ここで、
「楽しい」という感情の源となるのは
どんな感情でしょうか?

3択でいきましょうか?

➀悲しみ
②恐れ
⓷怒り

なんだかネガティブなものばかりですが、
この中に「楽しい」の源になる感情があります。
どれでしょうか?

ちょっとシンキングタイムね。。。。

 

 

わかりましたか?

 

 

こたえは???


⓷の「怒り」です。

ここで、
赤ちゃんが「好奇心」の表れとしてする行動は
「モノをガシガシ噛むこと」です。

外の世界に好奇心を持って
自分から外の世界につながろうとする。。。

自分から外の世界にエネルギーを発する
というエネルギーの元になる感情は


怒り

です。

「怒り」と聞くと
日本ではマイナスな印象があって
「なるべく我慢した方がいいもの」
というイメージが多いですが、、、

本来の「怒り」は自分を守るために
「NO」というだけのことです。

相手を攻撃したり
わがままを言うことではありません。

その気持ちを我慢しすぎている人は
「楽しい」という気持ちもわからなくなる可能性は
とても高いです。

セラピーで「怒り」の感情につながっていくことで
徐々に自分の「楽しい」という気持ちも感じるようになるでしょう。

アダルトチルドレンは子どもの時に
親にとってネガティブな感情を我慢しないといけなことが多く
その結果「怒り」を抑え込んでいる場合があります。

その「楽しい」という感情の源を抑え込んでいるために
「楽しい」という感情がわからなくなっている可能性が高く

「なにか楽しいことがしたい」
「自分がなにをしたら楽しいのかわからない」
というお悩みは「怒り」につながることで
解決していくのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です