起業するとき一番ジャマなのは〇〇感

【起業するとき一番ジャマなのは〇〇感】

自分らしい仕事がしたい。
自分の能力を使って仕事をしたい。

そんな時に一番ジャマをするのは???

無力感の存在です。

「どうせわたしなんて、、、」
「わたしなんて選ばれるわけがない、、、」

無価値観があると、
自分の主張をできなかったり、
自分の価値を高く主張できないので、
起業しても安い単価しか設定できませんし、
相手の言いなりにばかりなって、
せっかく起業しても煩わしいことにばかり惑わされて、
しんどいことばかりになってしまいます。

 

無力感はなぜできるの?

子どもの頃、手のかかる妹や弟ができて、
「おねえちゃんなんだから我慢しなさい!」と言われたり。

忙しい親の背中をみて、
「本当は、甘えたいけど我慢しなきゃ」と思っていると。

自分の気持ちを我慢することがあたりまえになり、
「自分がしたいこと」「自分がどうしたいか?」を後回しにしてしまいます。

無力感があるとどうなるのでしょうか???

自分のやりたいことを主張できなかったり、
自分のすることに価値を持てなかったり、
自分の持っているものを「素晴らしい」と思えなくなります。

起業というのは、ある意味
自分自身や、自分の提供できるものを「買ってもらう」ことです。

その時に、
「わたしには価値はない」という気持ちがあると、
なかなか前に進めませんよね。

じゃあ、無力感をどうすればいいの?

子どもの頃の
「おねえちゃんなんだから我慢しなさい!」
と言われたあきらめた気持ち
「本当は、甘えたいけど我慢しなきゃ」
とイヤなことを飲み込んだ気持ちを癒していくことが必要です。

その先にあなたはあなたの価値を認めて、
あなたらしく活躍することができるのです^^


自分の気持ちを自分で癒すことは実は難しいものです。

いろいろ試してうまくいかないと思ったなら、
ぜひ一度セッションにいらして下さい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です