人と一緒にいると疲れてしまうあなたへの処方箋

人と一緒にいると疲れる。

 

 

人と一緒にいると、わざと明るくしたり、
うらやましくなってイライラしたり、、、

そんな自分が嫌で自己嫌悪に堕ちってしまいます。

人と一緒にいて疲れる時になにが起きているのでしょうか?

それは、
「自分らしくいたい」という自分と
「その場になじみたい」「相手に好かれたい」という自分が
葛藤しているのです。
なぜあなたは、そのような葛藤がおきてしまうのでしょうか?

子どもの頃、
親との関係で「自分の欲求」を安全に表現できたでしょうか?

「あれ欲しい!」「お腹すいた!」
というと怒られませんでしたか?

人といる時に、
自分の欲求を抑えなければならないことが多ければ、
人といることが疲れてしまうでしょう。

じゃあ、そうすればいいの?

セラピーの中で、
子どもの頃の「自分の欲求を我慢しなくてはならない葛藤」を緩めていきます。

自分の欲求をわかってもらえない悲しさ、
自分の欲求をだすと嫌われる怖さ、
自分の欲求を我慢しなくてはいけない怒り、、、

その葛藤を薄めていけばいくほど、
他人といても「自分の欲求を我慢しなくてはいけない葛藤」がおさまり、
他人といることがラクになります。
他人と一緒にいる時もあなたらしくいることができます^^

アダルトチルドレンとは、
正式には「Adult Children of Disfunctional Family」
(アダルトチルドレン ディスファンクショナル ファミリー)で略してACと言います。「子供の頃家庭内のトラウマによって傷ついて大人になった人」や
「家庭の誰かに過剰な抑圧を受ける家庭の中で育った大人」という意味になります。
また、家庭に限らず、
その人のパーソナリティ形成に大きな影響を与える役割にあった家庭や習い事、
何らかの施設などの「集団組織」に関わるトラウマも類似の心理状態がみられることがあります。
ACは、パーソナリティの基礎となる部分を形成するにあたり重要な段階で、
常に「がんばって」時を過ごしたため、大人になっても周囲に気を遣い、
自分の感情を抑えたり、素直に表現できなかったり、
家庭や対人関係に問題が起きやすかったり、
漠然と生きづらさを感じている人が多いです。
また、
根拠なく「自分は他の人とは違うんだ」という思いを過剰に抱えている人も多くいます。
アダルトチルドレンは病気ではないので、
適切なセラピーで改善することができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です