アダルトチルドレンの気持ちがカウンセリングでは癒されない理由

アダルトチルドレンの気持ちがカウンセリングでは癒されない理由

・なぜ生きているのか?わからない。
・うっかり死にたくなる。

仕事があって、家族もいて、恋人もいる。
生活に特に不自由はないのだけれど、
なんだか満たされない、、、

そのような気持ちを抱えているアダルトチルドレンの方はいらっしゃいます。

その憂鬱な気持ちが、子どもの頃の親との関係が原因だということは
頭では理解ができても、
もうどうがんばったらいいのかいいのか?わからない。。。

そのような思い気持ちを抱えている方にとって、
カウンセリングで誰にも言えない心の内を聞いてもらったり、
「あなたは悪くない」と味方になってもらうことはとても嬉しいことだと思います。

ただ、
自分のしんどさが「自分のせいではなく、親との関係のせいだ」
と頭で理解ができたとしても、
心がついていかない。

憂鬱な気持ちが薄れることがない。。。

頭で納得することと、心が納得することは違うのです。

カウンセリングでは癒せないことを心理セラピーではなぜ癒せるの?

アダルトチルドレンの傷の大部分は、
子どもの頃 親との関係で我慢した感情の存在です。
なんらかの理由で親があなたが思う程かまってくれなかったとしましょう。

その時、
「かまってもらえなくて寂しい」という気持ちを感じていると辛すぎるので、
その痛みを感じないように「私はひとりでいい!」というかさぶたを作ります。

そうすると、
子どもの頃 家の中で痛みを感じることなく安全にいることができます。

ただ、
この「がまんした感情」が大人になった時に
・なぜ生きているのか?わからない。
・うっかり死にたくなる。

というような「なんともいえない焦燥感」「自己不全感」「虚無感」
として認知されるのです。

心理セラピーは、
子どもの頃の意識に戻って、
この「がまんした感情」を感じていきます。

そうすることで、
傷はなくなり、
・なぜ生きているのか?わからない。
・うっかり死にたくなる。
という感覚も薄れていくのです。


特になにがなくても「満たされている感覚」を感じることができるようになるのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です