【「この人しかいない!」彼に告白して 結婚が決まりました^^】

【「この人しかいない!」そんな彼に告白して、結婚が決まりました^^】

将来に対する不安がありすぎて、
結婚さえできればすべての悩みがなくなると思っていました。

必死で婚活していましたが、
「この人を逃したらもう、
誰にも相手にしてもらえないかもしれない!」

好きでもない人に必死で次の約束を取り付けていました。

結婚できないと、一生一人だ、、、
と不安で仕方ありませんでした。
こんなに頑張っているのに、
結婚できないことに絶望感でいっぱいでした。

恋愛コーチングのお世話になったこともありましたが、
「いつも笑顔で」といわれても
できない自分に余計にしんどくなるばかりでした。

 

相手に好かれようと必死になって、
とてもしんどくなっていました。

セッションをうけていくと、、、

自分の快・不快がわかってきました。

自分の好きな人に大切なことが言えて、
自分の苦手な人との距離をとることができるようになりました。
日常を送るのがとてもラクで楽しくなってきました。
以前は無駄な我慢をしていたな~。と思います。

以前のわたしは、人の顔色を気にしすぎて
自分の気持ちがわからなかったんだと思います。
彼と一緒にいても不安だらけでした。

今は、自分の本音がわかり、
それを彼に言うことができるようになりました。

すると、
彼も自分の本音を話してくれるようになり、
彼との関係がもっと安定して深まっている気がします。

今は不安なことがなくて毎日がとても楽しいです。

今が楽しくない方、
不安がいっぱいで
なにをやってもうまくいかない方に
ぜひ受けてもらいたいです^^

Oさん、
素敵な報告ありがとうございます♡

ますますお幸せに~♪

アダルトチルドレンとは、
正式には「Adult Children of Disfunctional Family」
(アダルトチルドレン ディスファンクショナル ファミリー)で略してACと言います。
「子供の頃家庭内のトラウマによって傷ついて大人になった人」や
「家庭の誰かに過剰な抑圧を受ける家庭の中で育った大人」という意味になります。

また、家庭に限らず、
その人のパーソナリティ形成に
大きな影響を与える役割にあった家庭や習い事、
何らかの施設などの「集団組織」に関わる
トラウマも類似の心理状態がみられることがあります。
ACは、パーソナリティの基礎となる部分を形成するにあたり重要な段階で、
常に「がんばって」時を過ごしたため、
大人になっても周囲に気を遣い、
自分の感情を抑えたり、素直に表現できなかったり、
家庭や対人関係に問題が起きやすかったり、
漠然と生きづらさを感じている人が多いです。

また、
根拠なく「自分は他の人とは違うんだ」
という思いを過剰に抱えている人も多くいます。
アダルトチルドレンは病気ではないので、
適切なセラピーで改善することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です