アダルトチルドレンが好きな人に好かれない理由

好きな人から相手にされない。
どうでもいい人からなら好かれる。

恋愛がうまくいかないアダルトチルドレンの方はこのように悩んでいるのでしょうか?

「期待に応えないといけない」

いい子でいたアダルトチルドレンは親の無意識の期待にでさえ、必死に応えようとします。

そのような無意識の信念があると、
人から好意を抱かれることが怖くなり、
ついつい好意のやりとりから逃げてしまいます。

【セラピーをうけることで克服されたクライアントさんの声をご紹介します^^】

【異性から好意を持たれることが怖かったのが、
好意を素直に受け取れるようになったクライアントさんの声】

「好きな人や男性からの好意を受け取れない、無意識に避けてしまう、逃げ出したくなる。」
「好きな人に好意を示すことができない。」
と悩んでいました。

セッションをうけるにあたり、
母の期待に無意識に応えないといけないこと思っていることに気が付きました。

Love is control
愛される=支配される
と無意識に思っていたことには衝撃的でした。
期待に応えないといけないと思ってしまう
怖い怖い怖い
→逃げたい!

それが無意識に発動してしまうのが厄介で苦しかったのだと、
そこが腑に落ちたのが最大の気づきです。
期待に応えないといけないと思ってしまうセラピーをうけることで、

・男性と二人になっても緊張し過ぎることがなくなった。
・こちらが力を抜くと、相手の態度もやわらかになった。

になりました。

・好きな人や男性に対して、好意を言葉や態度に出せるようになった。
・好意を素直に受け取れるようになった。
・好意のやり取りが楽しいと思えるようになった。

人と一緒にいること、恋愛が本当は楽しいのだと知ってびっくりです。

典子さんのもとでセッションが受けられて心の底から良かったと思っています。

本当にありがとうございました。
一度現場に戻り、また問題が出てきましたらすぐ駆け込みます!
まだまだお世話になります♡

 

ますますお幸せに~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です