別れた彼と復縁して、婚約しました!

【別れた彼と復縁して、婚約しました!】

結婚できない自分を攻めていました。

友人や妹が結婚するという報告を聞くとイライラして、祝福するどころではありませんでした。

「なんでわたしこんなにがんばっているのに結婚できないの???」

結婚した妹が出産のために実家に帰ってくるのが嫌すぎて、
セラピーをうけるようになりました。

すると、
親に愛されるために自分を抑えている気持ちがたくさん詰まっていることに気が付きました。

セッションでその気持ちを開放していくと???

妹に対するわだかまりが全くなくなって、
妹と普通に話せるようになりました。

そして、妹の子供がとてもかわいくなりました。

自分に対する自信もでてきて、
今までは、婚活をしていても
「この人に気に入られないともう、次はない!」
という悲壮感がなくなりました。

友人関係も劇的に改善し、
今までは振り回されるばかりだった友人にも
言いたいことが言えるようになってきました。

そして、
別れた後も友人としてつながっていた元彼と復縁することになり、
年末にはわたしの両親に挨拶しに来てくれることが決まりました。

彼氏とラブラブ

「ただ、結婚できればいい」

と思ってセッションに通っていましたが、
こんなにすべてがうまくいくとは想像していませんでした。

ほんとにあの時典子さんに会いに行ってよかったです^^

普通の人は、
もともとこんなに生きやすかったのか~!
と悔しいくらいの気持ちです。

そもそもアダルトチルドレンとはどんな人なのでしょうか?

アダルトチルドレンとは、
正式には「Adult Children of Disfunctional Family」
(アダルトチルドレン ディスファンクショナル ファミリー)で略してACと言います。「子供の頃家庭内のトラウマによって傷ついて大人になった人」や「家庭の誰かに過剰な抑圧を受ける家庭の中で育った大人」という意味になります。
また、家庭に限らず、その人のパーソナリティ形成に大きな影響を与える役割にあった家庭や習い事、何らかの施設などの「集団組織」に関わるトラウマも類似の心理状態がみられることがあります。ACは、パーソナリティの基礎となる部分を形成するにあたり重要な段階で、
常に「がんばって」時を過ごしたため、大人になっても周囲に気を遣い、自分の感情を抑えたり、素直に表現できなかったり、家庭や対人関係に問題が起きやすかったり、漠然と生きづらさを感じている人が多いです。また、
根拠なく「自分は他の人とは違うんだ」という思いを過剰に抱えている人も多くいます。

アダルトチルドレンは病気ではないので、
適切なセラピーで改善することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です