自己肯定感を高めるのに〇〇〇〇はいりません!

「わたしが謝ったら丸く収まるんでしょ?」
とか
「無駄に衝突して、もめ事を起こしたくないから」
という理由で、
自分が悪くないのに「すみません」を連呼している方っていらっしゃいませんか?

すみません

「すみません」「すみません」と本当に自分が悪くないのに口にすることは
自分を卑下することにつながります。

自分で自分を卑下していると
周りからも「この人は大切にしなくてもいい」と
大切に扱ってもらえないままになります。

他人は、その人が自分をどう扱うかで、
その人の扱いを判断するものです。

自分が悪くもないのに「すみません」「すみません」というのは、
「わたしが謝っていたら、丸く収まるから、、、」
という自分や周りを卑下する気持ちはありませんか?

その自分を卑下する気持ちは
あなたが幸せに、周りの人と良好な関係を保持するために、
必要ですか?

あなたの心は言葉に現れます。

あなたの言葉にはあなたの心が表れてしまうのです。

なにげない言葉を変えることで、あなたの心も変化します。
日々の何気ない変化があなたの未来を作っていくのです。

日々の行動を変えることでした、
現実は変わらないのです。

心理セラピーをうけると、心の中は変化します。
でも、
行動を変えないと現実は変化しません。

現実を変えるために、
まず不要な「すみません」をやめてみてはいかがでしょうか?

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です