あなたがついつい力んでしまう理由は?

【あなたがついつい力んでしまう理由は?】

肩こり、腰痛、歯ぎしり、冷え性などなど、
体が力むことで生じる体の症状はいろいろあります。

アダルトチルドレンはこのような「体に力が入ることによる辛さ」を抱えている方がたくさんいます。

アダルトチルドレンにはいろんなタイプがいますが、
共通しているのが、「感情を我慢している」ということです。

「感情」は我慢しすぎると「感じなく」なります。

でもこれは
「感情がなくなっているわけではありません。」
「感情が出てきても、押さえつけている」だけなのです。
押さえつけるためには、力を入れる必要があります。
だから固くなる。。。

常に、無意識に体に力を入れているので、
体の柔軟性は低いですし、筋肉は凝りやすく、
末端に血流が流れないので、冷えがちです。

つねに、歯を食いしばって、顎関節所になったり、
奥歯がすり減っている方もいらっしゃいます。

子どもの頃、
泣くことを許されなかったり、
「イヤ」といったらわがままだ、と攻められたり、
怖くて泣いても誰も守ってくれなかったりすると

感情を感じることを我慢しようとします。
感情を感じることが「悪いこと」だと思ってしまいます。

なので、
感情を感じそうになると
無意識に力んでしまうのです。

その力みが体を蝕んでしまいます。

その力みが
アダルトチルドレンの肩こり、腰痛、冷え性、歯ぎしりの原因です。

その無意識の力みがなくなった自分を想像できますか?

体の力みがなくなることで、
肩や腰や首のコリは改善します。

体の力みがなくなることで、
体の中の循環がよくなります。

体はあなたの入れ物です。
入れ物が元気であれば、気持ちもすっきりするでしょう。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です