アダルトチルドレン・ケアテイカーってどうやって克服するの?

アダルトチルドレン・ケアテイカーがどんな人か?について

ケアテイカーってこんな人を参照ください。

リトルナース
では、ケアテイカーKさんが
■「かわいそう」な人に過度に同情的になり、自分を犠牲にしてしまう。
という行動をしている時 なにが起こっているでしょうか?

Kさんは、「かわいそうな人」「しんどそうな人」をみた時に

「わたしがなんとかしなきゃいけない!」
「あの人がしんどくなったらわたしの命も危ない!」

と認識している可能性が高いです。

Kさんのお母さんが病気がちだった場合
お母さんの体がしんどいと Kさんは自分の命の危険を感じます。
病床の母親

幼い子どもにとって自分の母親はライフライです。

Kさんの家に他に頼れる人がいないと
幼いKさんは「わたしが何とかしなければ!」
「わたしが何とかしなければ、お母さんが死んじゃう!」
「自分で何とかしなければ、生きていられない!」
と駆り立てられる感覚になるのです。

Kさんは、「しんどそうな人」「かわいそうな人」をみると、
病気がちだったお母さんとの関係で感じたような
自分の命の危険を感じるのです。
だから、駆り立てられるようにその人のお世話をしてしまうのです。

これは、一見「いいこと」のように思えます。

でも、Kさんが行動をしている際には冷静さを欠いているので、
周りの人とのチームワークを乱している可能性がありますし、
Kさん自身がやりすぎて消耗してしまう可能性もあります。

これが、Kさんが
■「かわいそう」な人に過度に同情的になり、自分を犠牲にしている。
という時に起こっていることの一例です。

Kさんが自分のことを後回しにしてしまうまで、他人のお世話をしてしまうのは、
「自分の身が危ない」という「恐怖」の感情が発動しているからなのです。

フリーズ

子どもの頃、家族との関係でKさんが我慢した「死んでしまうかもしれない恐怖」が
Kさんの認知をゆがめているのです

Kさんが認知を正確にして、冷静に対処するためにはどうすればいいのでしょうか?

それは子どもの頃に我慢した「死んでしまうかもしれない恐怖」を消化すればいいのです。
感じればいいのです。
ほんものの感情は、感じるとなくなります。
感情のこと 書いております。

ただ、「死んでしまうかもしれない恐怖」は一人で感じるのは怖すぎるので、
プロのセラピストにお願いするのが賢明です。
「恐怖」は一人では感じることができない

子どもの頃にKさんが我慢した恐怖が消化されると、
Kさんは冷静に物事を認識することができます。

自信のある女性

「かわいそうな人」「しんどそうな人」を見た時に、
駆り立てられるような感覚ではなく
「どうすれば、この状態をうまく乗り切ることができるのか?」
と理性で考えて行動することができます。

Kさんは自分を消耗させることなく、
他人のお世話をすることができるようになるのです。

面倒見がいい

全てのアダルトチルドレンは病気ではありません。

アダルトチルドレンは、子どもの頃の育った家庭環境で培われた「認知のゆがみ」から、
正常な判断ができず、間違った行動をとることが問題です。

アダルトチルドレンは「認知のゆがみ」を修正していくことで克服できます。
ここで、「認知のゆがみ」というのはものごとの受け取り方が間違っているということです。

全ての認知の歪みは心理セラピーで修正することができるのです。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です