あの子だけが知ってるかわいい甘え方のルール

「女は甘えた方がかわいい」頭ではわかっている。

「おまえは全然甘えてこないからつまらない、〇〇は甘えてきてくれてうれしかった。
なんだか好かれている気がしなくてさみしい」

読むだけで自信がつくエッセイ

〇〇にあたるのは、彼が振られた彼女の名前だ。
わたしが一番聞きたくない名前を言われたことに対して、
彼のデリカシーのなさに腹を立てるよりも、
わたしは「甘えるってなに?」と頭が真っ白になった。

それほど、わたしの辞書には「甘える」という言葉がなかった。

もちろん、
この世に「甘える」という行為をしている人がいることは知っていた。
でも、その行為をわたしがする。という意味がわからない。

わたしの一番古い記憶は
「なぜ、また生まれてきてしまったんだろう?」と「この子をわたしが守らなくては!」

「この子」というのはわたしの弟だ。

大好きな彼の「甘えて」というリクエストに応えて、
「甘える」という行為を研究して実践してみた。

「なんか不自然だね。」
わたしの努力への評価はイマイチだった。

わたしは怖いのだ「甘える」という行為が、
その「怖い」という感情を抑えたまま行為としてする
「甘える」は不自然極まりなかったことだろう。

長女の恋愛は過酷だ。

その後わたしは、みごとだめんずばかりをひくことになる。
だめんずは「甘える」ことを要求しないからだ。

口では、「なんでこんなに男の趣味悪いんやろう。」と言っていた。
「甘えるくらいなら、ひどいめにあわされる方がマシ」心はそう叫んでいたのだろう。

「甘え上手な女がモテる」
と概念的には理解できても実行できない理由はここにあると思う。

甘え上手

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です