あなただけが知らないあなただけがなにもかもうまくいかない本当の理由

うまくいかない時の自分の顔を見たことがありますか?

どんな顔してますか?

え?

みたくない、そんなヒドイ顔?

ですよね?

うまくいかないことを人に話す時、困った顔しているはずですよね?

でもね、でも、念のため鏡でみてみませんか?

困った顔をしていたら???

オッケー!

え?

嬉しそうな顔してた?

そうなんです!(関西人に関しては「自虐ネタ」で笑わそうとしている場合もありますが、、、)

子どもの時、嬉しくて調子に乗って怒られたことありませんか?

怒られる 子ども

そんな経験があると、嬉しいという気持ちを表現することが危険なこと、
うまくいかない方が安全だと認知してしまうのです。

だから、うまくいかないことを話していると嬉しいのです。

さらに、危ないのは、

うまくいかないこと=安全
うまくいくこと=危険

と深い部分では認識しているので、
うまくいかないことを無意識に引き寄せてしまうんです。

 

アダルトチルドレンは、
幼い頃、不安な環境で生活していました。
その「不安」を「不快」だと認識するのはとってもつらすぎるので、
「不安」に適合するために「不安」を「快適」だと認識するようにしたんですね。

「快」と「不快」が深い部分で逆転してしまっているんです。

誘拐された子どもが誘拐犯を好きになってしまうという実例をごぞんじでしょうか?
誘拐された子どもは、その環境で安全にいるために「誘拐犯を好き」になるんです。
自分に好意を持っている人間を危険な目にあわさないだということを幼い子どもは知っているのですね。
「自分に危害を加えられるかもしれない!」というピンチで生き延びるために適応しようとしているのです。

頭で考えたらおかしな方向に行ってしまうのは、そんな理由からです。
あなたにとってうまくいかないことの方が「快」で 幸せなことが「不快」に感じてしまうのです。
そうなると、うまくいかないことをひきよせてしまいます。
幸せな時に笑顔でいたいと思ったら、一度お越しください。

 

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です