わたしが本当は「アダルトチルドレン」という言葉を使いたくない理由。

本当は「アダルトチルドレン」という言葉を使いたくないんです。

だって、
「アダルトチルドレン」かどうかなんて、なにか検査で診断できるものじゃあないし、
「アダルトチルドレン」だってわかることで、「あなた、フコーですから!」って烙印を押される気がしませんか?
え?しない?
わたしはするんだけどな?

そんなわたしが「アダルトチルドレン」という言葉をあえて使う理由は?

ずばり、それがいろんな悩みの根っこにあると気が付いたからです。

わたしは、あまり悩まない人間です。
会ったらわかると思いますが、「こいつ、なんでセラピストやねん?」みたいな愉快なキャラです。

実際自分でも心理系のセミナーに行くと「ういてるな!」って思います。

「心理セラピスト」よりも「ヨガのインストラクター」とか「簿記の講師」のほうがしっくりきます。
(実際、ヨガのインストラクターも簿記の講師もやっておりました。)

わたしの悩みはもともと体の悩みでした。
「眠れない」「肩がこる」「体温が低い」「太りやすい」「甘いものがやめられない」「むくみやすい」

心関係の悩みはせいぜい「恋愛がうまくいかない」くらいのものでした。

仕事はやればできるし、人前で緊張してうまくしゃべれなくはないし、
友達はかってにできているし、「自信がない」なんて感じたことはほとんどありません。

だから、ヨガなどからだ関係のことをしていたのですね。

わたしが人生で一番苦労しているのは「ダイエット」です。
今も決して痩せている方ではありませんが、「甘いものがやめられない」のは子どものころの安心感不足が原因だとわかってから「甘いもの」を敵視しなくなりました。
だって、必要なんだもの。
セラピーで安心感を投入することで、過剰な甘いもの欲は落ち着きましたね。

わたしの場合、「からだの悩み」が「こころが原因」だったんです。
それは「アダルトチルドレンは常に過緊張状態にあるから」という説明で腑に落ちたのです。

今でも、「アダルトチルドレン」という言葉を使うのはあまり好きではありませんし、
自分のことを「アダルトチルドレン」だと認識することもあまり好きではありませんが、
「その悩みはアダルトチルドレンだからか」と認識することでいろんな困ったことが統合しやすいとは思っています。

■半年で結婚した5人の秘密
■もっと自分が好きになる メルマガ登録はこちら
生きづらい性格が変わったクライアントさんの秘密

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です